トリ小屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 2006ホノルルマラソン間走記

<<   作成日時 : 2006/12/17 14:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

起床時間は2:45。
しかし、1:50に隣の部屋のシャワーの音で目が覚めた。
ホテルの前にはマラソンバスが列を作っている。
ベットの上で、ストレッチをして時間をつぶす。(笑)

おにぎりとバナナを食べ、3:30にはホテルを出て、マラソンバスに並ぶ。
4時過ぎにはアラモアナSCのサンタ前に到着。
続々と人が集まってくる。エントリーは30000人!

天気は晴れ。昨日は強かった風もなくマラソン日和。

4:45にスタート方向へ移動。
今回は「目標3:00」のラインの歩道に陣取りスタートを待つ。
全ては、花火を撮影する為に。
5:00にスタート。花火とともにランナーが走り出すが、列は延々と続く。
花火が終わってから、ゆっくりとスタート。

画像


迷った末に、今年は「ホノマラを楽しむ」ことに決め、写真を撮り続けることを目標にする。

2kmも走らないうちに、まうさん発見!妹さん・姪っ子さんと並んで軽快に走っている。姪っ子さんの目標は「3:30!」凄い!「頑張って、楽しみましょう!」と手を振って、先にいかせてもらう。

市役所の前のサンタさんもゆっくり撮影。ここで、撮ったのは3回目にして始めて。
画像


ここまできて、暑さが気になる。「風が弱くていい」と思っていたが、暑すぎと感じる。自分だけかと思ったが、まわりのランナーも汗をかなりかいている。
ウエストポーチのボトルのメダリストを小まめに採り、脱水症状に気をつける。

アラモアナに戻り、ナイキタウンの前を通過する頃には、汗が止まらない状況。
DFSからカピオラニ公園までのホテルの前には切れ間なく応援の列が続くが、手を振る余裕もなくなる。
10kmは1:02で通過。
汗が止まらず、早くも頭がボーっとしてくる。
エイドの水を頭にかけ、帽子を脱ぎ、走り出すが、ダイヤモンドヘッドの坂を走って上るパワーがない!まだ10kmチョイだぞ!と自分に言い聞かすが、体は動かなくなってきた。
ひたすら、腕を振って、早歩きで坂を何とか上り切る。

次のエイドでも、少し水を飲んで、残りは首筋から背中に流し、体温を落とすことに専念する。
だんだんと明るくなってきたが、まだ走り続けられない。
画像

さらに、暑いばかりでなく、周期的に鳥肌が立つほど寒気が襲ってくる。暫くするとまた汗が噴き出す。体温調節が上手くできなくなってしまったのか?

何とか、仲間とすれ違うハイウェイへたどり着く。最初に見つけるのは誰か?
まずは、My☆Starに西くんがかっ飛んで行った。
走れるときにはセンターラインに寄って走り、走れなくなると左端をトボトボ早歩きを繰り返し、前に進む。
次に、VRさん・ゆこりん・ホノさん・ププさんとほぼ等間隔で走り去って行く。特に、ホノさんは調子がいいようだ。

ハーフ 2:33:39。

いつも長く感じるハイウェイがより長く感じ、やっとハワイカイに到着。
画像

橋の上のストレッチは定番だ。まるでラインダンスのように並んで足を上げていたのが面白かった。

スタートして3時間近くなり、お腹も空きだしたが、大会のエイドには水とアミノしかない。
そんな時に、後ろから声をかけてくれたsatoさんから飴をいただき、疲れを癒すことができた。
また、沿道で声援するの人からも、チョコケーキ・パワーバー・クッキー・バナナ・オレンジを次々もらうことができ生き返る。
特に、チョコケーキ(写真は1個ですが、既に2個お腹に入った後の残りです。笑)は美味かった。昨日、「あんぱん持って行くといいよ」とアドバイスした自分が情けなくなる。
画像

画像


食べながら歩き、写真を撮るの連続で、後半のパワーを蓄積した至福の時間帯。
画像

画像

画像


ハワイカイを折り返し、ハイウェイに戻っても、体調は好転せず、JOG&WALKの繰り返し。
画像


やっと、20マイル(32km)に辿り着く。あと、10kmだ。
画像


ハイウェイを下り、カハラの高級住宅街へ。
大きな屋敷が多いことは知っていたが、ゆっくり見るとまた大きさに驚く。
周りのランナーも8割以上は歩いている(笑)
画像


ここで、またsatoさんが「足が攣りっぱなしで・・・」といいながらも、歩く私を追い越していったが、次のエイドでまた会いました。
画像


やっと、人の波の向こうにダイヤモンドヘッドが見えてきた。
画像


頑張って走りぬけば6時間を切れるかも判らないが、その気力も体力もなく、坂をJOGで上る。
画像

コース脇から見える海岸も光っている。
画像


坂を下れば公園の入口のJALエイド。おつまみ仲間のレフアさんがいるはずだからと頑張って走ったが、ない。愕然と通り過ぎると、有森裕子さんが、ランナーを迎えている。
画像


ハイタッチをしてもらい、いよいよゴールラインが見えてくる。
流石にここからは歩けない。
意地でも走り抜ける。

ゴールが近づく、写真にDVDに写りやすいように、前にランナーがいるとスッと抜いて前を空ける(笑)
いつものように両手を突き上げゴールを通過。6:02:25。自分の時計を止めたのは10分以上経ってからであったが・・・。

シャワーも気持ちいい。汗は出たが、涙は出なかった(3回目で始めて)。
画像


フルを走ってTimeではワーストですが、また、思いで多い(写真も多い)大会となりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
ほんと、お疲れさまでした。
熱中症になりながら
ちゃ〜んと最後まで楽しまれて流石です。
私設のエイドは頭が下がりますね。
後半歩いている方が多いのは
初心者が楽しめる大会の証でしょうか。
ゆんぼ
2006/12/17 21:09
☆ゆんぼさん
初マラソンという人が3−4割いるのでは?
因みに、ダイヤモンドヘッドがちょっと見える写真にたまたま写っている青のノースリーブ4人組は、東○高校の修学旅行生です。
トリ
2006/12/18 07:01
「ホノルルは暑い」ですが、
私も今年は汗がしたたり落ちていました。
っていうかそれが自分の汗と感じるのに時間がかかりました^^
吐き気があったりと、初めてのことでビックリもしました。去年、私設エイドでパワーバーを頂き、今年は持参して臨みました。何かのためにいいかもしれませんね。
この経験がまたばねになりますね^^私も♪
teddykeiko
2006/12/18 13:08
☆keikoさん
前日入り・暑さ・下痢など言い訳は言い出せばキリがありませんが、これを教訓に来年も心身ともに鍛え直します。
トリin秋田
2006/12/18 19:09
おうおう しんどかったんは僕だけやなかったんや。
こっちは前半に吹きっさらしの道路を通るんで風に泣きました。
ワシも言い訳はしますまい(^_^;
教訓:持って走るのはおにぎりかあんころ餅に限る(バームクーヘンは口の中がパサパサして・・・)
てれ
2006/12/18 22:26
☆てれさん
あんころ餅も食べにくいと思いますが・・・
トリ
2006/12/18 22:48
タイムに関係なく、写真をトリながらのホノマラも
楽しいでしょうね♪
ちなみに、キヨキヨさんが時計を止めたのは
17時間以上もたっていたらしいです(笑)
ププ
2006/12/20 22:55
☆ププさん
熱中症になって開き直って写真撮ってました。
「17時間」って打上げ終わって、寝る前じゃないですか。
トリ
2006/12/21 07:09
やっと写真が開いた
何故か会社PCでは見れなかったけど・・・?
いい写真撮れてますね
てっつぁん
2006/12/25 12:14
☆てっつぁん
何せ、レース中の写真で残っているのは70枚以上(歩きながら削除したのもあります)ありますから、厳選して載せてます!
トリ
2006/12/31 05:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
2006ホノルルマラソン間走記 トリ小屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる