トリ小屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京国際48時間走 in 東京学芸大学

<<   作成日時 : 2006/11/06 07:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

青梅練習会(30km。私だけキセルして22km)をマカプウさん・エリ姉さんとした後から、学芸大でスタートしている48時間走のボラに参加してきました。

今年の年頭の目標で、次の3つを上げた。
1、富士五湖100km
2、奥武蔵77km
3、学芸大24時間走

しかし、富士は55kmでリタイア、奥武蔵は膝痛で棄権、24時間走はエントリーすらできる状態でなく・・・。と、全く情けない状態。せめて、「ボラで24時間走のヘルプを」と参加しました。

3日10:00にスタートしている48時間走(参加20名)と24時間実験ランA(18名)。私が到着した15:30には6時間近く走っているにも関わらず、皆さん元気一杯。1周628.61mの周回コースの為、4-6分位で顔を見ることができ、自然と顔見知りになる(笑)。エイドによるときには「お帰りなさい」「ただいま」、出て行くときには「いってらっしゃ〜い」「いってきます」の声になる。

参加メンバーも豪華。チームジャパンの男性2名、女性1名。特に、「ウルトラの女王」と呼ばれる○村さんが走り、同じくジャパンの沖○夫婦がサポートする光景は、国内ではなかなか見られない。
画像


また、ウルトラ界のアイドル涼子ちゃんも参加。彼女は、昨年10月?5周連続ウルトラ大会に出場して、大会だけで月間900kmを走った超人!外見は普通の女性なんですが・・・
画像


周回チェックは大学生が講義の一つとして、ランナー1人に対し、常時2-3人が交代しながら、周回時間・飲食物などをチェックし、後日レポートを出し、単位をもらえることになっている。初めは「何でこんなことをしなきゃならないんだ」という態度の学生も時間とともにランナーと一体感が生まれ、伴走したり、涙ながらの声援に代わってくる。さらに、実験ランBではブラインドの女性ランナーに学生が交代で伴走をする光景も見られた。こうした事が、教室ではできないすばらしい授業になるはずだ。
画像


エイドの内容も充実。各種飲料・パン・トマト・きゅうり・バナナ・ミニカップ麺各種・カレー・トン汁・コーンスープなどなど。どのランナーも「休憩時間がついつい長くなって困っちゃう」と嘆くほどです。これも、スタッフがランナーでもあるため、「何が食べたくなる」というのが判っているからだと思う。
画像
画像

寸胴一杯のトン汁
画像

寸胴一杯のカレー
画像


風がなく、日中は少し蒸し暑いくらいだったが、流石に陽が落ちると涼しくなり、すごし易くなる。しかし、ランナーにとってはそれでも暑い位の気温で、この時期にしては発汗量が多い。そのため、飲料系もどんどん減っていく。ウルトラランナーにとっては、足も気力も大事だが、丈夫な胃(内臓)も不可欠。飲まず食わずでは24Hは走れない。そういう意味でも、みんなよく食べる。よく飲む。

11時を過ぎると、コース脇の卓球場で仮眠する人が増え、周回するランナーは減ってくる。つまり、エイドにも余裕ができ、交代で寝ることにする。私も1時過ぎにバタンキュー。しかし、布団もなく、寝袋もない卓球場の板張りの上にダンボールを敷いただけでは流石に寒く、1時間半で寒さに震えて目を覚ます。久しぶりに歯がガチガチ鳴った(笑)

5時半を過ぎると次第に明るくなり、ランナーも増えだす(笑)。そして、朝食の時間に合わせて、ご飯を炊き、味噌汁を作り、パスタを茹でる。24時間寝ずに走り続けているランナーも20人位いるようで、束の間のエイドタイムを楽しみにしているのが判る。そして、そんな光景を共有できるのが嬉しい。

24時間のゴールが近づくとランナーも学生もますます元気になり、「あと○分!」「あと○周できる!」との声援が飛び交う。

そして、10時のTimeUPになると、ゴールに飛び込むランナーと学生が握手をし、抱き合う光景があちこちで見られる。毎回、見る光景だがウルウルする。また、見たくなる。(本来は当事者にならなければいけないのだが・・・)
画像


来年こそは、24時間!と改めて思い直させられた20時間ボラでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
3つの目標! スゴイですね〜
でも膝辛いねっ、まぢに辛いね
故障持ちの気持ち解りますよ
俺も少しやり過ぎか?シビレがひどくなりはじめて実は少しビビッています
互いにじわじわ頑張りましょう
てっつぁん
2006/11/07 16:03
22km走った後の20時間ボラ
お疲れさまでした。
走る方も大変ですがボラ・スタッフも
大変でしたね。
感動の様子、スゴク伝わってきました。
ミル
2006/11/07 22:47
>てっつぁん
目標を立てるのは簡単だったんですが、実行・達成は難しい!4つ目の目標も目の前ですし・・・

>ミルさん
ボラをすると、走るときにスタッフへの感謝の気持ちがより沸いてきます。「走らせてもらっている」んだと。
トリ
2006/11/08 08:20
24時間、48時間?死んでもえぇと考える人が多いのか、人間の可能性は無限なんか?とにかくお疲れ様でした。
荒和井
2006/11/08 09:12
20時間ボラ、お疲れ様でした。
会場でお会い出来て楽しかったです♪
トリさんレポはいつも興味を持って拝見しています。
来年は一緒に出場しますかぁ?(笑)
コーチ
2006/11/08 17:57
>荒和井さん
48時間走のテーマが「人間はどこまで走り続けられるか」でした(笑)
>コーチ
応援お疲れ様でした。24時間は富士を完走してから考えます。
トリ
2006/11/09 08:20
トリさん、48時間走、エイドお疲れ様でした!トリさんのどこへでもサポート、応援に駆けつけてくださるフットワークの軽さと、優しさに感動です。今回は私は遊びに行っただけ、何の貢献もせず帰ってしまいました。見てるとまた時間走やりたくなってしまうので(笑)。富士は富士でも私は違う富士に向かいます(笑)お互いがんばりましょう!本当にお疲れ様でした!
しほ
2006/11/10 17:15
>しほちゃん
残念ながら東京国際は応援に行けませんが、昨年同様、笑顔で楽しんで下さい。打上げビールをトモコさんと楽しんで下さい。
トリ
2006/11/11 06:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京国際48時間走 in 東京学芸大学 トリ小屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる