トリ小屋

アクセスカウンタ

zoom RSS いろは塾伊豆大島合宿&カメリアマラソン

<<   作成日時 : 2006/03/02 00:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2年間お世話になっている「いろはにほへと塾」の伊豆大島合宿に参加しました。
夜10時発の船で翌朝6時に大島着。

元町の宿で朝食を食べ、本日の練習に。
本日のRUNは7人。内、5人がおつまみ〜ず☆のメンバー。

8時前にスタートして大島を時計回りに一周約42km。
周回道路には100mおきに青い距離表示の支柱があり、距離とペースを掴みやすい。
実際、Qちゃんや実業団・大学生がよく合宿に来ています。

画像


10km過ぎの大島自然公園までは、少しのアップダウン。
5kmを目処にサポートカーが先回りしてくれるので、安心して走れる。

公園から裏砂漠までは急な上り坂の連続。
ここが今回の正念場。
先週の奥武蔵練習会で掴んだ距離スキーの走法で踏ん張る。
進んで先頭を走る。が、基本的な走力では及ばないので追いつかれて、離されて・・・。

上りきってからは長〜い下り坂。これもきつい。
下って行くと波浮港が一望でき、下りきると筆島と断崖が一望でき、感動的な風景が疲れを癒してくれました。

画像


波浮港見晴台の売店で昼食。
いろは塾大島副支部長のひろみさんが差し入れてくれたコロッケとメンチカツと岩のりうどんでお腹を満たす。

ここからゴールの元町まで16km。
民家が多くなり、車も多くなる(と言っても少ないが)
各々のペースで走る。
自分もキロ6'10-20で刻む。
やはり、5-10km毎のエイドと気の置けない仲間とのRUNが気分よく走るエネルギーになっている。

走り終わった後は宿の近くの御神火温泉に浸かって疲れを癒す。
もちろん風呂あがりには定番ビール。美味い!

夕食にはでっかい金目鯛の煮つけなどが出され、さらに肝トレは進む。

夕食後は椿まつりの一環として元町港待合所で毎夜開催される夜祭見物に。
アンコキッズの踊りや屋台があるが、お楽しみ抽選会で何と東京⇔大島のペアチケットをゲット!酔って居眠りしていて、残り2人に滑り込んでの、抽選でしたが・・・。

翌日は暗いうちから雨。雨。雨。
しかも次第に雨脚も風も強くなる。
気合を入れて走りたくても、なかなか乗らず。
それでも会場の町役場へ車で移動して、受付を済ませる。

半ばヤケクソ気味にスタート位置の横のテントに入り、ピストルとともに飛び出す。
横殴りの雨の中を選手も頑張るが、声援の町民も多い。
交通整理の警察官やボラの走路員の方々もびしょ濡れ。
2.5kmを12'46のオーバーペースで通過。
3km過ぎには仕事でお世話になっている社長が傘を刺して声援してくれていた。(涙)
折返しまで徐々に上っていくため、辛くなるが我慢。
5kmは26'47(14'01)でカバーできた。

折返し後は基本的にゆるい下りの連続。
ペースは落とさずにいける。
やはり、社長が奥さんと声援してくれていた。後から宿に来てくれるとのこと。
7.5kmは39'36(12'29)で駆け抜け。ラスト2.5kmに。

ゴールが近ずくにつれ、また声援が増えだす。
何とかゴールまで・・・52'59(13'23)で飛び込む。
寒い雨の中の走りとしては自己満足できるタイムで走りきれました。

冷えた体に暖かいみそ汁(明日葉と魚介入り)が沁みるように入っていき、体温が回復してくるのがわかりました。
早々に宿に引き上げ、風呂に入り、体を温め、疲れを癒す。
もちろん風呂上りにはビール・焼酎・・・。

帰りの船は荒天の為、ジェット船が全て欠航の為、デッキや通路まで満席状態。
カーペットの上とはいえ、ゆっくり足を伸ばし、車座で宴会をして、早々に眠りにつけたのはラッキーでした。

ハードな合宿でしたが、仲間とお酒と料理などにも恵まれ、楽しく思いで深い2日間になりました。また、是非参加したいイベントが増えました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
参加した皆さんのBlogが長い長い!
それ程のことはあったってことですね
・・・長文読むのは苦手(アセ
てっつぁん
2006/03/02 07:48
2泊3日ですので・・・。
まだまだ行間にあるできごとがいっぱいあります。

トリ
2006/03/03 01:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
いろは塾伊豆大島合宿&カメリアマラソン トリ小屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる